車の買い替えと車両入替の手続きのポイント

車を買い替えた際は自動車保険の登録車両も変更しなくてはなりません。これを車両入替と言います。

車両入替自体は非常に簡単なもので用意するのは新しい車検証だけで大丈夫。新しい車検証はディーラーに連絡すれば入手可能です。用意出来たら、自動車保険の会社に連絡して車両入替の手続きを進めてもらいましょう。

インターネットで手続きを行うこともできます。車両入替を行うと保険料の差額が出るので、それを清算して手続き完了。

車両入替は新しく車を取得してから30日以内

新車に買い替えた時だけでなく人から車を譲り受けた際なども必要になる手続きですよ。何年かに一回必要になる手続きですので、忘れないようにどこかにメモしておくといいでしょう。

そんな車両入替のポイントは早めに済ませておくこと。車両入替は車検証を手に入れたタイミングから行えます。

車両入替は新しく車を取得してから30日以内でないと自動車保険が適用されません。そのため、早めに済ませておかないと面倒なことになりかねないのです。

納車してからの車両入替はおすすめしない理由

また、納車してからの車両入替はおすすめしません。というのも、新しい車というのは乗りなれていないため、新しい車に乗り換えて自宅に帰ってくる際に事故を起こす可能性は十分にあります。

小さな傷にせよ大きな傷にせよ、新車に傷がついてしまえば目も当てられません。そこに自動車保険が適用されないと言う追い打ち攻撃。

いくら保険会社に情で訴えたところでお金を支払ってくれるわけもないので、必ず納車日に前には車両入替を済ませておきましょう。

車を買い替えたら自動車保険も勝手に切り替わるなんて便利なシステムはありませんので、これらのポイントに気を付けながら必ず手続きを行うようにしてください。

ちなみに、新車購入のタイミングは保険を見直す絶好の機会です。自動車保険の事情は数年もすれば変わってきますので、これを機に他の自動車保険と比べてみるのもいいでしょう。新車購入でもしなければ、なかなか見直す機会もないと思うので検討してみてください。